« ちょっくらとバイナリーオプション戦略日記 | トップページ | GMOクリック証券のプランを多種多様試す »

2012年10月22日 (月)

GMOクリック証券の戦法をさまざま試す

FXのスキャルピングで勝てる人は、60秒オプションに向いています。上げきったヒゲのところでポジションを取れればまず負けません。最近はバイナリーオプション進出中じゃないですか?

バイナリーオプションで勝つためにさまざま維持です
たまにはGMOクリック証券の外為オプションではなく、夜あたりのTOPIX指数でハイローオプションのローを取引できる%%海外BO業者1%%を検討しました

今日のGMOクリック証券の取引結果、(外為オプション)
月曜日 5勝8敗
火曜日 4勝1敗
水曜日 4勝1敗
木曜日 1勝8敗
金曜日 3勝3敗

損益は、-456,500円

取引結果の研磨 では、オジドルではま・・・まぁかな。、ポンドドルではそんなところですね。あまり望んでも仕方ないし

ただ今、このまま続けるか検討しました

レンジ外さえ無ければ、ペイアウト率2.0なので勝率さえ50%以上なら勝ち越せます。、残り数秒でレート変更でレンジ外とかは本当に、マジでやめて欲しい

バイナリーオプション業者も研磨 しておきましょう。選択取引手法によっては業者を変えてもよいです。

レンジのスプレッドは.GMOクリック証券が0.1pips~0.9pips、FXトレード・フィナンシャルは0pipsです。ここはFXトレード・フィナンシャルの勝利ですね。ペイアウト率はGMOクリック証券が2倍でFXトレード・フィナンシャルが1.80~1.90倍になっています。ペイアウト率はGMOクリック証券が2倍でFXトレード・フィナンシャルよりもお得ですね。

« ちょっくらとバイナリーオプション戦略日記 | トップページ | GMOクリック証券のプランを多種多様試す »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1654888/47541928

この記事へのトラックバック一覧です: GMOクリック証券の戦法をさまざま試す:

« ちょっくらとバイナリーオプション戦略日記 | トップページ | GMOクリック証券のプランを多種多様試す »